2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.07 (Sun)

なぜ政治に興味がないのか。

「合理的無知」とは、日常生活に必要な食料品の値段や仕事に使うパソコンの価格を調べたり、自分の興味のあることや日常生活に有益な情報を得るために費やす機会費用を、自分にとっては重要でない問題や興味のない問題に対して評価したり分析したりするためにとても回す気にはなれないという「合理的な選択の結果としての無知」な行動・態度を選択することである。

社会を構成する人々が合理的経済人として行動するのであれば、その多くの人がこの合理的無知を選択することは、当然の帰結点となる。しかし仮に、自分にとって重要な経済行動を選択せずに、重要でない事象を調査・評価するためにその機会費用を費やせば、その期待便益は限りなく小さなものになるだろう。例えば、自分の生活に関係ない政策が問われる選挙が行われていたとすれば、おそらくその人物は投票日当日の投票行動を当日生活行動選択肢の優先順位の中で下位におくだろう。

Lancers.jp

【More・・・】

話を投票行動に限定して考えてみる。

有権者は、選挙で争点にされる政策については正確な知識を十分にもっていないし、もしかすれば、あまりもとうともしないのかもしれない。しかし、その中のある程度の有権者は投票場に実際に足を運ぶ。彼ら有権者はどのような判断基準にもとづいて投票行動を選択し、投票決断をくだしているのだろうか。

ある一般的な民主主義モデルにおいては、一般の有権者たち個人個人の判断が政策策定のベクトルを作り上げるうえでのプレッシャーになるのではなく、明確な当事者意識をもつ利害関係者、すなわちステイクホルダーたちが政治家に対してどれほどの票と資金を供給することができるかという政治ベクトルの均衡として政策策定が織り上げていくことになる。

ステイクホルダーは、自分たちに便益をもたらす政策を求めて、政治家を投票で支えるのみならず、彼らに該当政策に対する政治資金を献金し、また自らが直接、政策実現行動を協力に推し進めていく。この政策実現行動の広報効果は、該当政策に対して興味をいだかない他の一般的な有権者、または影響を受けない有権者たちに対して、その投票判断への強力な誘引をもたらす。ステイクホルダーや、ステイクホルダーに政治資金を提供された政治家は、有権者を対象とした成立させようとする政策への理解を深めてもらう行動を実行して、そのプロセスを通じて自らの影響力(得票数・得票率)を高めようとする。

政治家は、次に訪れる選挙での当落をかけて通常の政治活動と得票率極大化行動を合致させる。そのために、政治家は自分が所有している政治資源をフルに活用して、自分の得票につながる全てのステイクホルダーに配分する。つまり、政治家の政治活動とは、それぞれの活動の限界得票率が均等化し、総得票率の極大化が保証されるかたちで展開されることになる。

このような政治家やステイクホルダーの活動の広報効果は、合理的無知の状態に自分を据え置こうとする一般の有権者たちにとって、あまり無駄なコストをかけずに政策判断のための情報を入手することに大きな役割を果たすことになる。しかし、それは各政治家、各ステイクホルダーのベクトルの方向性によってまったく内容を異にし、(一般的に与野党という枠組みで)その効果をある程度相殺させることになるため、突出した広報効果を導出することは難しいという一面もあることを忘れてはならない。こうしたメカニズムが現代民主主義社会の中で作用し、情報の取捨選別能力を有権者に問うているのであろう。その能力がなさければ、合理的無知は高度に機能しないからだ。

結局のところ、これらのベクトルの違いや相殺効果が政党・政治家の政策や政治思想を保守穏健化させ(政治学的にいえば、M字点に到達させ、という表現だろう)、政治全体の急激な先鋭化を望みにくい一般の有権者たちのより多くが妥協・納得できる帰着点へ到達させるのだと考える。

たとえば、それは便益が見えにくい防衛政策や外交政策に対する態度、選挙を棄権する安心感、多数政党による連立政権の樹立による政策のバランス化を一般有権者が合理的無知という態度によって求めているからに他ならないだろう。
スポンサーサイト
22:47  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/79-45b27aaf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。