2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.08 (Sat)

李登輝学校・発表録 7/13

そこでこのような状況をみて、担当省庁である文部科学省は「大学教育改革構想」というものを打ち出しました。

基本的には1)大学の再編・統合、2)国立大学の法人化、3)競争的環境の導入が柱となります。

具体的には1)国際競争力のある世界最高水準の教育研究拠点の形成プログラム、2)社会の要請に応える専門職業人要請の推進プログラム、3)現代的課題に対応できる人材養成と大学の多様な機能の展開プログラム、4)課程に応じた教育内容・方法等の高度化・豊富化の充実プログラム、の政策展開です。

そして、各大学に改革を促進させるために、各大学に自助努力を課しました。具体的にいえば、まずは国立大学の話に限定しますが、2004年にはすべての国立大学が法人化され、教職員は公務員でなくなったのです。

その翌年から運営交付金を毎年1%ずつカットとていったのです。この政策はとても大きな意味があり、当時現場の大学経営者たちには衝撃的なことだったと思います。これに関してはあとで説明させていただきたいと思います。


さて、文部科学省が推進したプログラムの中で重要なのは、先ほどの4番目の具体的政策であり、『特色ある大学教育支援プログラム』というものだと思います。

この「特色ある大学教育支援プログラム」というのは、大学教育の改善に資する種種の取り組みのうち、特色ある優れたものを選定し、選定された事例を情報提供するとともに、財政支援を行うことにより、国公私立大学を通じ、教育改善の取組について、各大学および教員のインセンティブになるとともに、他大学の取組の参考になり、高等教育の活性化が促進されることを目的とした政策なのですが、これは決して助成金バラマキ型のような学校側にとってやさしいシステムではありせん。

申請数から見て採択率は10%程度ですし、いわゆる有名大学のみが独占するものではありません。このプログラムに関して、どのような大学が認められているのか、具体例を示したいと思います。

北海道大学の活動をピックアップしたいのですが、より詳しい情報は文部科学省や北海道大学のHPに記載されていますので、そちらをご覧くださればと思います。

北海道大学が「特色ある」と認められた主要な原因は、教養教育の再建という改革のためだったと思います。

北海道大学は「リベラルアーツの礎のうえに、真のゆとり教育をめざす」という教育テーマを持っているのですが、これをより徹底するために「コアカリキュラム」による全学教育を開始します。各学部には、旧教養学部の教員団を継承した責任部局が置かれました。この各部局は各科目の企画責任者・担当責任者がおかれ、開講計画の調整にあたります。このように部局をおいて責任を明確にしたうえで、全学支援体制で教養教育を推進しようとしているところが北海道大学の特徴といえます。

戦後、教養教育が崩壊した大学教育の中では重要な取り組みであることは間違いないでしょう。

しかし、反対がなかったわけではありません。大学研究者のなかには「自分の研究の邪魔になる」といって、生徒に対して教養教育の時間を割くことに反対もあったようです。

そのほかにも、TA研修を就職トレーニングのひとつとして制度設計したり、全学教育科目の成績評価基準のガイドラインの運用徹底などもしています。

これらの全学教育改革が非常にうまくいったのは、大学全体のマネジメント体制がうまくいったことが大きいでしょう。

肥大化・硬直化しやすい大学組織にあって総長の指示がよく通ったということはやはり驚きに値します。




→続く。


みんなが読んでいる人気ブログはどんなブログ?

スポンサーサイト

Lancers.jp
11:30  |  【 想う修学院のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

はじめまして!ブログサーフィン中にたどり着きました!

私も漫画サイトを細々とやっております。
よろしければ遊びにいらしてくださいね(´∀`)
エマニエル |  2008.03.28(金) 18:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/62-6aac7b00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。