2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2011.10.25 (Tue)

韓国で見たこと。考えたこと。 1



10月16日から23日まで、早稲田大学と高麗大学の交換留学プログラムに参加し、研究発表を行ってきました。高麗大学はとてもきれいな大学でした。イギリス風というか、ホグワーツ魔法学校みたいでした(笑)。ただ、山の上にありますから、坂が多い…き、きつかったです(。・ω・。)。



韓国のヒト達は英語が上手だと聞いていましたが、まさしくその通りでした。
明らかに、交流した大学院生たちは皆、留学経験があると思いました。
授業にも参加させてもらいましたが、授業はぜんぶ英語。ぼくは教育心理学のモチベーションの授業に参加させてもらいましたが、『なんとなく分かるなぁ』という程度で、自分の英会話のレベルの低さに笑ってしまいました。



ただ1点。

この英語力の凄さは一部だけだということも理解できました。街中にでると、警察官とかも英語は話せないし、意外に英語表記が少なすぎることに気づかされます。日本人の観光客が多いからなのか、日本語の表記などもありました。

結局、この韓国という国は社会格差が激しい国であることが分かりました。お金があれば留学ができ、そのまま社会の成功者になってゆく。英語偏重の教育がそれをさらに助長させているように思えました。



英語教育は大切です。しかし、それは必要論ではあって、日本においては絶対論ではないように思えます。明らかに、自国文化が廃るきっかけを作り、社会格差を構造化・硬直化させている。授業などを英語のみにするのはいいと思いますが、もっと思索深い能力を発揮できるような母国語教育を大切にしないと、国や社会は崩壊していくと思いました。語学教育が先行しすぎていて、『独創性』や『発想性』が低いと感じたからです。

高麗大学は1905年に創立されました。創立者は早稲田留学組で、長年、早稲田と交流があります。その学校のシンボルは【虎】で、韓国を背負う気概を読み取ることができます。中央図書館は、早稲田のほうが立派だなと思いました。



高麗大学内を歩いていると、行政学者の飯尾潤先生も来校していることを知りました。コロキウムで、『野田政権の行方』を話されるようでした。国内最高峰の行政学者の講演を、ぼくも聞きたいなと思いました。
スポンサーサイト

Lancers.jp
13:03  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/424-ff2a1a6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。