2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.29 (Sat)

そうだ、伊勢へ行こう! 10

ise01

ise2

伊勢神宮をよくテレビでみる時の風景というのは、皇大神宮(正宮)でしょう。
第11代天皇であらせられた垂仁天皇の御世である垂仁天皇26年(紀元前72年)に鎮座されてから、2000年たつお宮になります。
天照坐皇大御神が勿論、お祀りされています。
20年に1度、式年遷宮の大祭がおこなわれるのは有名ですね。
次回は平成25年(2013年)に行なわれます。

さて、多くを語ることをよしますが(苦笑)、この伊勢神宮のあり方を考えるときに、
天照坐皇大御神を、

第10代 崇神天皇の御世  皇居→大和の笠縫邑にお遷しされました。
第11代 垂仁天皇の御世  皇女倭姫命に国々を巡幸させる。伊勢の地にてお祀りする。
第40代 天武天皇の御世  式年遷宮の制を制定
第41代 持統天皇の御世  第1回内宮式年遷宮

というのを考えれば、「宗教革命=政治改革」であった古代社会において、朝廷を中心とする政治が「天照坐皇大御神」をどのように扱ったのかは、とても重要なことだと思います。

弥生の神々→鬼道→神々の混在→仏教→・・・

へと至る間に、政治改革が行なわれていることはとても面白い現象だと思います。
まぁ、そのような歴史の真実を解明すればするほど、皇室の「万世一系」の正統性は揺るがなくなると思いますが。結局、男系でつながっていくのですから。ただし、どのような政治思想や国際政治背景が影響していたのかを解明することは、日本史の本質を明らかにしていくうえで、とても重要なことだと思います。懼れることなく、古代史解明に向けて挑戦していくべきです。


さて、伊勢神宮ですが、(別に特別な能力があるわけではありませんが・・・)

天照坐皇大御神の荒御魂をお祀りしている荒祭宮と、
伊弉諾尊の御子神である級長津彦命、級長戸辺命をお祀りしている風日祈宮は、

なにか、とっても重たい空気を感じました。
決して恐いというわけではないのですが、なにか凛とはりつめたような雰囲気です。



伊勢神宮を後にして、名古屋まで帰りました。
また、機会をみつけて、もっとゆっくりと伊勢めぐりをしたいと思います☆
スポンサーサイト

Lancers.jp
18:47  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/399-a4851d90

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。