2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.28 (Thu)

【この漫画が面白い!】『センゴク外伝桶狭間戦記』講談社、2008年。



桶狭間の合戦といえば、日本人の誰もが知っている織田信長今川義元との闘いですが、一般イメージとしては、才気あふれる若き武将・信長に対し、暗愚な貴族・義元という構図が描かれがちです。



しかし、さにあらん!!



今川義元という実態は、政治の天才であり、数多くの合戦を通して自らの手を血に汚しながら、権力を確立していった英雄なのです。



戦国大名朝廷からも幕府からも独立して、徴税・経済・軍事・裁判などを自己の権力のみで確立していった人物のことを指すなら、まさしく今川義元が『第一番目の戦国大名』と言えるのです。



その今川義元の実態に迫ろうとしているこの漫画は、歴史好きであれば、つい『う-ん!』と唸ってしまうほどの脚本力の高さがあると思います。



また、この漫画の斬新なトコロは、戦国時代というものを経済学視点から俯瞰している点にあります。戦争は飢饉対策のために起こるのであり、物流への支配力が国力の基礎である、などといった視点で物語の背景が説明されている点は大変面白いと思います!



おすすめです。
スポンサーサイト

Lancers.jp
03:30  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/372-1706c4ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。