2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.30 (Fri)

与野党に必要な景気に関する議論の立脚点とは?

(原稿下書きです -本来は教育史研究者なので、経済は専門ではありませんので、ところどころ書いている内容がおかしいところもあるかもしれません。)


 1929年から1933年にかけてもたらされた世界恐慌は、各国に経済のブロック化を構築させ、それまでの世界的な貿易関係という安定秩序を失わせた。この恐慌により、新古典派経済学は説得力を失い、代わってJohn Maynard Keynesが登場したことは、改めて説明する必要性もないかもしれない。失業者が発生するのは社会の総生産量を決める有効需要が不足しているためであり、laissez-faireを是とする市場経済は不安定雇用の状態になるのが一般的であると考えたKeynesは、この不安定な状態を是正するために政府は積極的に市場に介入すべきだと主張した。しかし、Milton FriedmanはこのKeynesに異論を唱え、世界恐慌が引き起こされた真の原因は中央銀行である連邦準備制度の政策ミスである、と指摘した。また Joseph Alois Schumpeterは、世界恐慌の発生は「景気循環」論(景気循環という言葉を用いたのはWesley Clair Mitchellである)として証明できると指摘する。

 2007年8月のパリバショックを起点として、サブプライムローン危機が勃発した。この経済危機は景気循環のひとつであったと指摘することができる。同じような例をあげれば、10年前にはアジア通貨危機の発生があったし、日本でも北海道拓殖銀行と山一證券が経営を破綻させたという「危機の歴史」がある。また、その10年前である87年にはブラックマンデーが起きた。William Stanley Jevonsは、(商業)恐慌は約10年の間隔が規則的に発生する、同じ種類の出来事のひとつにしか過ぎない、とその周期性を指摘している。

 恐慌のもつ周期的性格を早くから指摘し、世界ではじめて景気循環の側面として「恐慌」を位置づけて分析したのが、Joseph Clément Juglarである。「景気循環の父」と呼ばれることになるJuglarは、「繁栄・恐慌・精算」の時期に分けられるこの規則的なサイクルは大産業が発展するための条件のひとつであり、どのような人為的・偶発的要因があっても、常にその出現を繰り返すと指摘した。このサイクルを、Schumpeterは「ジュグラー循環」と名づけている。大恐慌前、この経済危機をただひとり予測したのが、Roger Ward Babsonであった。John Kenneth GalbraithはBabsonの人物評価そのものを否定するものの、Babsonは世界で最初の景気観測予測機関であるバブソン統計機構を設立し、景気指数「バブソン図表」を開発した。この景気指数の基本理論は、景気の「面積説」である。好況期の持続期間と強さの積は、これに続く不況期の持続期間と強さとの積に等しい、と考えられた。景気面積説は、バブル的な好況がそれ自体の反作用で厳しい不況に転ずることを説明する、最も簡単な理論であった。

 景気周期の長さをもって景気循環モデルを整理することもできる。47~60年周期の長期波動を強く主張したのは、Nikolai Dmitriyevich Kondratievであった。このサイクルを「コンドラチェフ循環」と呼ぶ。20年前後の長期循環を、大恐慌下の1930年にSimon Smith Kuznetsが発見した。この長期循環は、William Arthur Lewisによって、「クズネッツ循環」と名づけられた。この循環の原因を、Alvin Harvey Hansenは建設投資の循環だとみた。先にもみた「ジュグラー循環」は約10年の周期をもつ。Karl Heinrich Marxは、この循環の原因は設備投資が重要な役割を果たしていると分析した。戦後の日本経済のなかにジュグラー循環を見出したのは、篠原三代平(一橋大学名誉教授)である。多くの批判にさらされながらも、「純投資が有効需要水準に対して超過または不足した場合に、企業が資本ストックを加減する」という篠原の理論は、60年代前半の設備投資比率の下降を言い当てている。これらより周期が短くなる3~4年の周期の循環を「短期循環」と呼ぶ。穀物収穫高や人間心理の影響を主な循環の原因と考えられ、Schumpeterによって「キッチン循環」と名づけられた。しかし、現在では、短期循環は在庫投資によって起こると考えられている。これまでの社会資本投資によるコンドラチェフ循環、建設投資によるクズネッツ循環、設備投資によるジュグラー循環、在庫投資によるキッチン循環などの異種サイクルが交錯し、1種類の循環だけでは説明できない波動の普及性を取り去って景気を分析するのが、「複合循環論」である。

 しかし、そもそも「循環」の定義に関しては、1)経済指標の変動のトレンドがあって、それを中心として上方や下方へ乖離する現象だと捉える向き、と2)時間的な周期性だと考える向きかあった。この定義に関しては、多くの経済学者によって議論されてきたが、少なくとも1)累積性、2)可逆性、3)交代の規則性、4)波及の規則性、5)周期性、の5点が特性として共通していると考えられている。また、「景気」の議論の仕方としても、1)方向論(ミッチェル=バーンズ方式)、2)水準論(シュンペーター方式)が存在する。Schumpeterは、方向論を「循環を景気の山から山とか、谷から谷といったように、自分の好みの点や局面から考えることはできない」と批判した。一方、Mitchellは水準論に対して「我々は正常な取引状態、均衡位置を観測することはできない」とその実用上の困難さを指摘している。しかし、そもそも方向論と水準論は補完的関係であり、理論を利用する側が正しく理解して用いればよいだけの話であることを忘れてはならない。

 理論が確立されていけば、その分析道具もまた同時に整理されていくこととなる。景気循環における、その分析手法の発展が、景気指数の作成化であった。バブソン図表やブルックマイヤー社による景気指数「タイムラグの規則性」などが考案されていったが、景気指数の作成において重要な事績を成し遂げたのは、「ハーバード景気指数」である。ハーバード景気指数は、1917年に1)一切の理論的な先入観の排除、2)厳密な予測の可能性の追求、というふたつの基礎原理にたった統計学的な予測方法である。この景気指数は、1919年の恐慌到来、22年の景気回復を予測的中させたが、29年の大恐慌の予測失敗がもとでその信頼を失い、41年には廃止されることになる。失敗の原因は経済理論よりも純粋な統計的手法を過度に優先させ、機械的な予測に固執した点にあるとされている。しかし、三曲線を用いた同指数の基本的枠組みは、55年、全米経済研究所によって先行・一致・遅行の三曲線によるDiffusion Indexが作成され、さらに各採用系列の変化率を合成、指数化したComposite Indexに発展し、今日に至っている。

 以上、簡単に「景気の読み方」の基礎をなぞってみた。景気循環の理論であったり、景気指数の設定整備にあっては多くの有識者によって今後も大いに議論されていくだろう。しかし、景気循環を語る際に必要とする基礎的な観点は、やはり「方向論と水準論」を明確にすることではないだろうか。この論点を混同化させやすいのが、いわゆる「政治家」と称する人たちの不毛な「景気議論」だ。世界的経済危機そして長引く不況のわが国のなかで、徒に議論を遊ばせるのは国益に叶わない。与野党が国益の観点にたち、冷静な理性をもって、明確に「方向論と水準論」を区別認識して景気対策・経済政策を行わなければ、「失われた20年」はそれこそ「失われる30年」になるのではないだろうか。

 デービット・キャメロンは政権交代前の保守党大会で「いまは国の重大事だ。ひとまず政争は横に置き、政府に協力する。我々が一致団結して、金融危機を乗り越え、マーケットや金融機関を安定させることがいま一番大切なことだ。わが党は責任ある野党として、イギリスをこの未曾有の危機から救い出すため、政府と協力して、我々ができることならば何でもする覚悟だ」と党員に訴えた。わが国の景気を議論するうえで欠けている視点とは、そういう立脚点なのではないだろうか。
スポンサーサイト

Lancers.jp
02:31  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/357-ffed70f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。