2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.16 (Wed)

口蹄疫と獣医師の役目

『 ■宮崎へ義援金11億円超 』というニュースを読んで。


ぼくは教育行政史(戦後改革期)の研究をしている人間なので、医学や獣医学という分野はまったく分からないのですが、ひとりの国民として、ひとりの大人として学校現場に「飼育行政」を復活させたいと考えているので、数年前より獣医師の中川美穂子先生のメルマガを購読しています。
何度か、ぼくたちの勉強会にも中川先生に来会してもらい、講演してもらいました。

現在の口蹄疫問題に関して、今後の行政改革として注目すべき視点だな、と思いましたので、中川先生の6/16のメルマガの内容をご紹介させてもらおうと思います。

---------------------------------------
お邪魔致します。飼育情報をお届け致します。

口蹄疫、早く収拾すると良いのですが

 毎日現地では 牛や豚の処分と埋却が行われています。
 
 先日、政府が、役所や大学や学生までも入れてでも、獣医師を
 100名単位で現地に送り、一日1万頭の埋却に当たらせたいと
 発表したと新聞にありました
 
 獣医師会も 支援者を募っており、小動物診療獣医師も
 入れて100名以上の応募者を用意しています
 
 獣医師の役目は、余人では出来ない仕事
 衛生指導の他、ワクチン投与や、動物の処分を(牛や豚を、静脈注射で
 薬殺)しなくてはなりません。それには、経験のある獣医師が必要です。
 
 乳牛は 人に触られることになれており、処置が必要な時には鼻輪を人が
 つかんで、動かないように牛を補えることができますが、
 肉牛は鼻輪もなく、人に触られることも嫌い、逆らう傾向が強いのです。
 しかも沢山の肉を取るために、体も大きく育てています。
 
 獣医師は、その太い首を片手で抱えて、首の血管に静脈注射するのですから、
 慣れた人でも大変なことで、大動物の経験が少ない獣医師にとっては
 なおさら困難な作業と言えます。
 
 実際に、支援獣医師が牛に処置するとき、重傷を負った事例も
 報告されているのですから、一日に1万頭も出来るわけがない
 と思われます。おとなしい犬相手でも、一人で一日100頭は無理
 な数字です。
 
 
今、日本の獣医師は
 全国で約35000人
  内 小動物診療は13000人
    大動物診療は、個人、市町村や県などの団体を含めて4000人弱
 
 他に 農水の都道府県の家畜保健衛生所には全国で2000人の獣医師がいます。
 (残りは、国や地方の行政職、大学や研究機関、人の保健所、薬剤会社など)
 
 もともと大動物臨床関係の獣医師の数が不足していると、近年問題に
 なっていました。
 偏差値教育を受けた新獣医師は、多くの場合、小動物開業に流れ
 てしまうことが言われています。
 
 また、地域の畜産振興の期待を受けて大学に進み、
 卒業後、大動物臨床関係に就職しても、辛い、給料が安いと、
 小動物に変わる人もいるようです。
 
今回の状況をみて、

 国の食肉供給の根幹を支える大動物診療獣医師の待遇を根本的に見直し、
 十分な人材を確保できるようにして、諸外国からの様々な伝染病を防ぎ、
 国内の牧場をモニターして、進入した時点ですぐに撲滅できるように、
 
 と、希望します。
 
 *******************
社)日本獣医師会小動物臨床部会 学校動物飼育支援対策検討委員会副委員長
全国学校飼育動物研究会  事務局長

 中川 美穂子

「学校飼育動物を考えるページ」
http://www.vets.ne.jp/~school/pets/
「全国学校飼育動物研究会」 
http://www.vets.ne.jp/~school/pets/siikukenkyukai.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白梅学園大学大学院(子ども学研究科)
全国学校飼育動物獣医師連絡協議会(CAS) 主宰 
社)東京都獣医師会 理事
*******************
---------------------------------------

民主党の対応を批判するのは当然ですが、批判するだけでは何も解決しません。
「責難成事」です。
今後は、二度とこのような悲惨な結果にならないように、全国的に行政対応をどのように変えていくのか、という案を出していくことのほうが重要ではないでしょうか?
そのような課題の時、獣医師の先生方の視点というのはとても大事なものだと思います。
スポンサーサイト

Lancers.jp
15:13  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/345-9383235f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。