2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2010.04.19 (Mon)

【台湾旅行日記】3日め-その2。【国民党の権力のすべて】

tyuzan01

tyuzan02

tyuzan03


3日めのメインは、ここ中山楼。陽明山という場所にあります。じつは、もともと、この山は『草山』と言いました。しかし、“草”という表現が“逃げる”という言葉を中国語でイメージするために、蒋介石が名前を変えさせたのです。ですから、蒋介石が好きではない台湾人は、『草山』という表現を好みます。

中山楼は国民党が独裁をしていた時に、大きな会議や党大会などを開いていた歴史ある政治的場所です。

2階には宴会場があり、これがまた広大なんです。この宴会場に、当時の国民党の権力者たちが酒宴を開いていたかと思えば、どのような政体をとろうが、独裁というシステムは無駄なものしかうまないのではないかと思いました。確かに、政策決定は早いと思いますが、冷静に自分を判断する客観性を失っていくと思います。

最上階にある会議室は、円形になっていますが、出入口のそばに、台湾政界では『王の椅子』と呼ばれる椅子があります。この椅子に座ると、必ず出世すると言われていました。写真の右、出入口にいちばん近い椅子、のことです。昔はふつうに座れたんですが、いまでは座れなくなっていました…。
スポンサーサイト

Lancers.jp
21:30  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/322-df337863

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。