2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.02 (Tue)

【川崎だけど】 英雄は何度もよみがえる。 【東京交響楽団】

ticket

concert

muza


日曜日、修学院の会員さんにお誘いいただき、ミューザ川崎ホールに東京交響楽団のコンサートを聞いてきました。

2時間、2000円。
とても、コストパフォーマンスの高い一日でした。

それにしても、ひさしぶりに川崎に降りたのですが、川崎は大きい街ですね。
けっこう、好きです☆


さて、曲目は以下の3つ。

①シューマン/ラヴェル編:《謝肉祭》 作品9より
“前口上”“ドイツ風ワルツ”“間奏曲「パガーニ」”“ペリシテ人と戦うダーヴィド同盟の行進”
②シューマン:コンツェルトシュテュック ヘ長調 作品86
③ストラヴェンスキー:バレエ音楽《火の鳥》 [全曲版]


ロマン主義のかけらともいってもよいシューマンの曲は大好きです。
とくに、謝肉祭は。
きっと、シューマンって、くそまじめなひとだったんだと思います(笑)。

しかし、②は長かった。コンツェツトシュテュック(小さな協奏曲)といいながら、20分もあるから、何度か落ちかけました(笑)。
管楽器の協奏曲って、めずらしいですけどね☆

《火の鳥》は、ロシア民族の誇り、って感じの曲ですよね。
盛り上がる、盛り上がる♪
やはり、英雄譚の曲です。


やはり、クラシックコンサートを聞きに行くのは、心が豊かになる実りある時間のすごし方だと思いました。これから、時々、意識してこういうイベントに出てみようと思います。
せっかく、子供の頃から、ピアノをやっているわけだし♪
スポンサーサイト

Lancers.jp
19:42  |  【 徒然と 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/309-571125f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。