2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.27 (Sun)

そうだ、黒崎へ行こう。 1

20091227201338

家庭の所用があり、北九州は黒崎へとひとりで伺いました。
ぼくはこの街の近くの折尾という町で生まれましたし、父母だけでなく、祖父母や親せきのほとんどはこの一帯に縁があるので、懐かしさを覚えました。
小さいころは駅前の百貨店などによく遊びにきていたものでした。
しかし、駅前商店街の疲弊など、考えさせられるところもありました。
地域経済の沈滞を目の当たりにしました。
どのようにして、店上げをしていくのか、地域の住民の方は悩んでおられることだと思います。

20091227201333

さて、今回紹介するのは、黒崎の岡田神社です。
古事記に神武天皇が東征の折に逗留したと記載されている古社であり、黒崎祇園山笠の舞台ともなっています。仲哀天皇に恭順した熊鰐の祖先の熊族が、祖神を祀ったのが始まりと伝えられますが、慶長10年、黒崎城築城により現在地へ遷座しました。

20091227201336

注目したのは、三条実美公が五卿落ちしたときに、3日間だけ黒崎に滞在するのですが、その際、この岡田宮を参拝したそうです。その時にうたった歌が、碑として立っていました。

「玉ちはふ 神し照らせば 世中の
 ひとのまごころ かくれやはする」


「世の中には善い人や立派な志を抱いた人は、大勢いるがその見分けはつけ難い。しかし神は真実を知り、誠実なものは、いつかは必ず神に通じ、そうして世の中に現われる時が来る。」という意味です。護衛には、西郷隆盛もついていたという伝説があります。西郷隆盛は、どのような気持ちで、この歌を聞いたのでしょうか?



@梅本大介。
スポンサーサイト

Lancers.jp
20:13  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/281-636f540e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。