2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.20 (Thu)

国士の志は、“国史”となる。

吉田松陰が萩の野山嶽に投獄されていた時に、玉木彦介の元服式で贈った「武士の心得 七カ条」というものがあります。松陰神社社務所でいただけます。

この文章を吉田松陰は26歳の時に書いています。
やはり、吉田松陰の天才性というのは、当時においても、群を抜いていたのでしょう。

20090820204527


明徳出版社から出ている『吉田松陰』(倉田信靖著)には、この士規七則の現代訳がこう書かれています。


----- 以下、倉田先生の訳 -----

書物を開けば、そこに人間が学ぶべき立派な言葉を見ることができる。しかもその内容は、読む者の心をうつのである。考えるに、人々は折角の書物を読もうともせず、仮に読んだ者でも、その読んで得た知識を行動に表すことをしない。真実、書物を読んで、その知識を実践したならば、幾千万年にわたって実践したとしても、実践しつくすことはないのである。ああ、ことさら何も言うべき言うことではなく、実践すれば良いのである。しかしながら、真実、知っていたならば、そのことを言うのは、まさに人間当然の情である。昔の人は、昔の人なりに言い、今私もまた私の言葉をのべることにしよう。何も気にとめることはないのである。

よってここに士規七則をつくる。


一、人間として生まれたならば、人間が鳥や獣と違う条件を知らなければならない。思うに人間には五輪(父子あり、君臣義あり、長幼序あり、朋友信あり)の道徳理念が必要であって、その中でも君臣の関係、父子の関係が最も大切である。ですから、人間が人間として存在するための条件は、忠と孝を基本とする。

一、天皇をいただくわが国に生まれたのであるからには、わが国が天下に貴重な存在であることを知らなければない。思うに、わが国は万世一系の皇統のもとにあって、士と家老などが、その地位身分を世襲しているのである。人の君たる者(大名)が民衆を養い、祖先の拓いた事業を継承し、それぞれの立場で忠義をおこない、父の志を受け継いでいる。そのことは、君と臣が一体のものであり、かくして忠と孝が一致するということになるのである。このことは、わが国だけの特徴といえる。

一、武士の道として大切なことは、義ということである。その義は勇気によって実践され、勇気は義を理解することによって、より大きく成長する。

一、士の行いにおいては、真面目で、飾り気なく、人を欺かないことが肝要である。人をごまかし、いつわり、自己を飾ることは恥とする。士が道理を正しく、心が潔白であることは、これらの理由に基づくのである。

一、人間でありながら、古今の出来事に暗く、聖賢を教えの先生としない者は、心の賎しい男である。読書を好み、昔の賢者を友とすることは、君子のなすべき事である。

一、徳を立派に磨き、秀れた働きのできる人物になるためには、恩師や、有益な友人の多いことが条件である。したがって君子は人との交流において慎重である。

一、「死して後巳む」という文字は、言葉しては簡単であるが、そこには深い意味がこめられている。意志が強固で忍耐強く、そして決断力があり、絶対的に、その志を変えることがない場合には、この言葉をもって表現するのが最適である。


以上、士規七則であるが、これを要約して、三ヶ条(三つの要点)とする。すなわち「志を立てることを物事全ての出発点とする。交流する相手を選ぶことによって、仁義の行為を学ぶことができる。書物を読むことによって、古来からの聖賢の教えを学ぶことができる」と。士は、真実このような言葉から自得することができるならば、学徳の完成された人とすべきである。

20090820204529

スポンサーサイト

Lancers.jp
20:45  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/210-9d535843

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。