2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.12 (Thu)

そうだ、京都へ行こう 03

20090212162517

20090212162516

20090212162515

旧京都府庁が竣工したのは、明治37(1904)年12月20日になります。行政事務の府庁舎内に、議会議事堂も内接されました。当時、先に完成していた東京府庁舎や兵庫県府庁舎を参考にされたようです。現在でも、今回ご案内いただいたNPO『都草』さんの事務局(かっこよすぎて、うらやましい!!)や人事委員会の事務局がおかれており、現役バリバリで仕事をしている庁舎施設ですが、創健時の姿をとどめているという点では日本最高の建築物になります。

個人的には今回の研修で、もっとも行きたかった場所でした。

旧知事室と正庁をのぞかせていただきました。旧知事室にある家具類は、『日本の洋家具の父』と言われた杉田幸五郎氏が作られたものらしく、大変貴重な価値あるものだそうです。個人的に注目したのは、正庁です。大正・昭和の大礼のときに内閣および内務省の臨時事務所が京都府におかれ、ここで閣議が開かれたそうです。日本人にとって、もっとも重要な『御代の移り』の一場面がこの部屋でなされたと思うと、感動を覚えます。

この府庁舎は、大連市役所や武田薬品本社などを設計した松室重光の手によります。京都府庁舎旧本館は国指定重要文化財ですが、春(4月上旬)に観桜会とともに一般公開されているようです。

ぜひ、機会あればご覧になられてください。歴史の重みを感じることができるはずです。


→続く。
スポンサーサイト

Lancers.jp
16:25  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umemotodaisuke.blog54.fc2.com/tb.php/111-da108544

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。