2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.15 (Tue)

【百人会で考えたこと】 リーダーに必要な能力。

先日、東京自民党政経塾の飲み会で知り合った方にお誘いいただいた百人会という勉強会に出席してきました。
参加されていた方々は、多士済々。
非常に面白い会でした。

勉強会が終了後、飲み会に。

3月に、龍馬プロジェクトのスタッフの方に、修学院でご講演いただきたいと思っていたので、簡単な打ち合わせも含めて懇親会に、という感じです。

出席された其々の方々の「志」を拝聴させていただき、とても勉強になりました。
皆さんのお話を聞き、そして、いまの政権やこれまでの政治の在り方をみていて、チャーチルの言葉を思い出しました。



リーダーには、実現しなかった時に、ついてくる者たちが納得いくように説明する能力が要求されるのだ。



人間なのですから、必ず失敗はあります。
失敗が存在しないということは、現実論としてありえないと思うのです。
ですから、失敗したときにも、なお支持者がついてくるか、そういう力がリーダーには必要です。

いま、自分たちが志を述べているのは自由です。
しかし、責任ある地位についたとき、その志を達成できるか、または失敗したのをいかにリカバーできるか、そういう鍛錬を積むことが、これからの修学院のカリキュラムに必要なのかな、と思いました。

民主党のマニフェスト修正、
官邸の迷走の阻止、

これらもすべて、菅総理の「説得力」と「突破力」にかかっています。
民主党を支持していませんが、日本の、日本人の総理大臣なのですから、できるだけ堂々とした政治を行ってほしいと思うのです。天皇陛下より総理の職を任命された方に対して、誹謗中傷もしたくありません(基本的に、そして、できるだけ)。ぼくもひとりの日本人なので。


まさに、いま「政治への信頼」という意味で、政治屋ではなく、政治家による「政治の再建」が求められているのでしょう。それは決して、「失敗」を隠そうとすることで果たせることではないと思います。
Lancers.jp
スポンサーサイト
20:05  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.15 (Tue)

『博多駅再開発で福岡はどう変わるか』

こんにちは、梅本大介です!。


わたしも幹事をしております社会人勉強会【福岡修学院】の2月定例会の詳細が決りました!



日時:2月19日(土)13時20分より。

講師:宮永英樹氏(株式会社電通九州・クリエイティブディレクション局長)

講演:『博多駅再開発で福岡はどう変わるか』

料金:なし。ボランティアで運営されています。ご寄付を賜ることができれば幸いです。

会場:福岡市文学館(歴史的建築物のため、バリアフリー対応ではありません。)

人数:先着30名



今月の定例会は、福岡県民のみならず九州人ならみな注目しているであろう『博多駅再開発後』に焦点をあて、講師をお招きしました。どなたでも参加可能です!もちろん、参加費も無料です。ぜひ、ご友人をお誘いあわせのうえ、ご参加ください!!
Lancers.jp
19:38  |  【 想う福岡のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。