FC2ブログ
2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.11.14 (Sat)

そうだ、浅草へ行こう。 2

20091106235151

今戸神社から隅田川を南に下る感じで、徒歩5分程度のところに待乳山聖天というお寺があります。
この聖天とは、十一面観音菩薩を本地仏とする大聖歓喜天を指します。
お寺の正式名称は、本龍院といいます。浅草寺の子院になります。
公園に併設され、とても趣のあるお寺となっています。毘沙門天と龍が守護仏・守護神だと言われているのですが、そんな気もする空気感です。
夕暮れ頃のお寺の景色、ひとりで散歩しているのも変な男かもしれませんが(笑)

20091106235154

お寺の入り口階段の近くに、歴史小説家・池波正太郎氏の碑が建っています。
1923年、彼はこのお寺のそばで生まれました。彼の小説には、このお寺がたくさん出てくるので、池波ファンはすでに知っているお寺だと思います。

20091106235156


浅草寺へ向かう途中、花川戸公園という公園がありますが、この公園のなかに姥ヶ池という池があります。この姥ヶ池には碑が建っていますが、これはある老女を祀っている碑になります。昔、浅茅ヶ原の地にて、一軒屋を構え、娘が連れ込む旅人の頭を石枕で叩き殺す老婆がいました。ある夜、娘が旅人の身代わりになって、天井から吊した大石の下敷きになって死ぬのですが、それを悲しんで悪行を悔やみ、老婆は池に身を投げて果てたのでした。里人はこれを姥ヶ池と呼んだそうなのですが、この逸話が後世まで続き、いま公園のなかに碑が残っているということです。

さぁ、目の前はもう浅草寺です!


@だいすけ。
Lancers.jp
スポンサーサイト



14:54  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.11.14 (Sat)

そうだ、浅草へ行こう。 1

20091106234455

浅草に行ってきました。
まずは行ってみたい神社だった今戸神社に行ってきました。
浅草駅を降りてから、北に歩くこと20分ほど行ったところです。
スポーツセンターの前にあります。

実はこの神社、最近恋愛成就の神社として、とても人気のある神社なんですね。
姉妹の神職がおられる場所として有名になった場所ですが、(宮司の娘さんたちみたいです)昨今の婚活ブームにのり、いまや女性に大人気の神社なのです。
神社として招き猫発祥の神社ということもあり、また神社が主体となって「縁結び会」という活動を平成20年からされはじめたことがきっかけになって注目されています。

女性ばかりの神社って・・・参拝するのがちょっと恥ずかしい(笑)。

20091106234452

しかし、この神社、歴史好きにはとっても興味深い場所でもあります。
なんとあの幕末のヒーロー、沖田総司の終焉の土地でもあるのです。新撰組の隊士であった永倉新八の「同志連名記」によると、幕府崩壊後、沖田総司の肺は病を抱え、隊から離れ江戸に後退し、和泉橋の松本良順の医学所で治療を受けていましたが、薩長軍の江戸入りに際して、浅草今戸八幡に収容されました。そして息を引き取るのですが、その跡地として、今戸神社の境内にはそれを記念して碑が建てられたということです。

次は浅草寺に引き返します。


@だいすけ。
Lancers.jp
14:30  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.11.14 (Sat)

そうだ、靖国神社へ行こう。

20091109190548

11月の土曜散歩は、靖國神社へ行ってきました。
修学院・修学会・学習院女子大学生などの集まりで、行ってきました。

20091109190550

まずは、参集殿の控室にてお茶をいただきながら、昇殿参拝をする時間を待ちます。
15時から御饌(神さまにお食事をお供えする儀式)の神事に参加させていただきました。

さすがに、本殿内の写真は撮れませんが、大変厳粛な雰囲気で、未だ昇殿されたことのない方は一度経験されてみてもよいと思います。

靖国神社には、計246万6532柱(2004年10月17日現在)が祀られています。当初は祭神は「忠霊」・「忠魂」と称されていましたが、日露戦争後に新たに「英霊」と称されるようになりました。これは藤田東湖の漢詩「文天祥の正気の歌に和す」にある「英霊いまだかつて泯(ほろ)びず、とこしえに天地の間にあり」という句が志士に愛唱されていたことに由来する、と言われています。

20091109190552

参拝終了後、靖国神社の大山晋吾権禰宜(遊就館部展示課長)に遊就館をご案内していただきました。遊就館は何度も入っていますが、専門家の方に一点一点しっかりと説明していただくのははじめてで、大山さんの説明がとっても丁寧だったこともあり、ぼくなどは特攻隊の方のご説明などでは泣いてしまいそうになりました。なかなかできない経験をさせてもらいました。

この企画は毎年恒例のものにしていきたいと考えております。

@だいすけ。
Lancers.jp
13:58  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |