2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.30 (Fri)

そうだ、目黒へ行こう。 1

今回の土曜さんぽは、目黒に行ってきました。
目黒という町は寺院が点在する坂の町として江戸時代には、町民たちの行楽地として栄えた町です。江戸五色不動として有名な目黒不動尊をはじめ、多くの寺院が存在します。

20091030012340


まずは、目黒駅に集合したあと、行人坂を目指します。
この行人坂、とても険しい。ぼくたちは目黒駅側から下るのでそんなに疲労感はないのですが、下から上ってきている人たちは本当に大変そうです。みなさん、息を切らしながら上ってくる様をみると、なぜかほほえましく思えます(笑)。

20091030012338


行人坂という名前の由来は、この坂の途中左手(目黒駅を背にして)にある大円寺にあります。
大海法印という高僧が寛永年間(1624~44)に大日如来を出羽の湯殿山から勧請して、この大円寺を開くのですが(本尊は鎌倉時代の釈迦如来像)、この際、この地域に巣くっていた悪人共を一掃し、これより大海法印を慕う修験道の行者たちがよく往来しはじめたので、「行人坂」と呼ばれるようになったといいます。

20091030012342


お寺に入りますと、左手に水子地蔵や五百羅漢像が写真のように安置されています。なぜ、これほど多くの仏様が置かれているかといいますと、江戸時代の大火災として有名な「明和の大火」がこのお寺が火元となってしまい、亡くなった犠牲者を祀るためなのです。1772年、明和9年に起こった明和の大火では、江戸の1/3が焼け、江戸町民15,000人が亡くなったといいます(行方不明者は4,000人以上でした)。放火犯は、真秀という元坊主で、鬼平犯科帳で有名な長谷川平蔵の父親である長谷川宣雄によって捕縛されました。
この大円寺が再建されるのは、幕末になってからです。明和の大火の火元になったことから幕府から再建の許可は下りなかったのですが、幕末になってようやくあの島津斉彬の父である島津斉興が菩提寺と定め、再建されることになりました。

ちなみにこの大円寺は「放火」に縁が深いのか(そりゃあ、当然深いのですが)、境内には、井原西鶴の『好色五人女』や、紀海音の『八百屋お七』、菅専助らの『伊達娘恋緋鹿子』、為永太郎兵衛の『潤色江戸紫』、鶴屋南北の『敵討櫓太鼓』などで有名な八百屋お七が恋慕した生田庄之助が出家した寺(実際に出家したのは明王院。明王院は後に大円寺と統合)としての伝えも残しています。

縁結びの霊験高いお寺として有名です。
(最近、こういう話題のお寺しか紹介していない気がwww)

次は、五百羅漢寺に向けて移動です。


@だいすけ。
『ちなみに、この大円寺の目の前にある会社はホリプロだったりします☆』
Lancers.jp
スポンサーサイト
01:23  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.22 (Thu)

そうだ、世田谷へ行こう。 3

20091022134844

今回の世田谷さんぽのゴールは、豪徳寺です。
松蔭神社を出た後は、国士舘大學から烏山川緑道を通り、世田谷城址公園を抜け、この豪徳寺にたどりつきました。

豪徳寺は、彦根藩藩主の菩提寺であり、とても大きな立派なお寺です。
山号を大渓山といいます。山門が大変立派だったので驚いてしまいました。
紅葉の時期に来ると、とてもいいかもしれません。

お寺の名前の由来は、この豪徳寺を井伊家の菩提寺として伽藍の創建などで整備した彦根藩二代目藩主井伊直孝の戒名からとられたと言われています。井伊直孝の戒名は、「久昌院殿豪徳天英居士」というものでした。井伊直孝が鷹狩の帰りの際に、雷雨にあい、その難を避けるために、この寺の猫に招かれる形で、寺僧と出会い、その縁がもとで、このお寺を井伊家の菩提寺として定めていくことになったそうです。

20091022134842

その逸話のために、この豪徳寺は、招き猫発祥のお寺としても知られています。
(招き猫発祥のお寺は、浅草の今戸神社だと思っていましたが、違うようですね)

豪徳寺では「招き猫」を「招福猫児(まねぎねこ)」と呼びます。そして、その菩薩である招猫観音を祀る「招猫殿」を安置しています。招猫殿の横には、写真のように、願い事がかなったお礼として数多くの招き猫が奉納されていました。

・・・かわいい??
・・・いや、ちょっと怖いかも(笑)。

本堂横の寺務所では、この招き猫が売られていますので、お土産にどうでしょうか?

ちなみに、自分の常識のなさを恥じるのですが、右手を上げている招き猫は「財」を招き、左手をあげている招き猫は「人」を招く、ということをさんぽ参加者の方に教えていただきました。

・・・どうして??

招き猫発祥のいわれを調べるために、今度、浅草の今戸神社に行こうかなぁ、と思います☆


@だいすけ。
Lancers.jp
15:47  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.20 (Tue)

そうだ、世田谷へ行こう。 2

20091020140703

世田谷代官屋敷をあとにした後は、松陰神社通り商店街などを通り、松陰神社へ行きました。
松陰神社通り商店街は、碁や将棋の会所に地域のみなさんが集まっていたり、なかなか地域のコミュニティーがしっかりしている場所だな、と感じました。
言わずもがな、この神社には幕末回天の先駆者、吉田松陰が祀られています。

吉田松陰は安政の大獄に連座し刑死したことは、あまりにも有名ですが、享年30歳というのですから、驚きです。幕末の志士たちは本当に青年たちが多いですね。その短すぎる一生で、情熱を一心に傾けた彼らの行動力があったからこそ、時代は大きく変わったのだと思います。安政の大獄の4年後、吉田松陰の門下生であった高杉晋作などの手によって、この世田谷若林の地に改葬されました。神社所在地一帯は長州藩主毛利大膳大夫の別邸のあったところです。
明治15年には、かつての吉田松陰の門下生たちが墓畔に社を築くことを決めました。現在の社殿は昭和3年に造営されたものです。

20091020140706

境内には、萩に保存されている松下村塾が模造されたものが置かれています。「社会に根差す国民学校」を目指す修学院のスタッフとしては、吉田松陰が塾頭として鞭をふるったのはわずか2年にしかすぎないのに、時代を切り開いた人材養成学校「松下村塾」は、ある意味で、ひとつの目標なのです。少し感動してしてました。模造建築とはいえ、松下村塾は本当に小さな建物なのです。こんな小さな建物であるのに、時代を切り開いた人物が多く輩出されたことに、感動を覚えました。

境内には、吉田松陰の墓などもあります。
國想う人士は、ぜひ参拝されてください。

20091020140708

松陰神社を出て、国士館大学の方向へ向かう途中に、吉田松陰と同様に長州藩出身で、後に第11・13・15代目の内閣総理大臣を務める桂太郎の墓があります。いわゆる西園寺公望とともに「桂園内閣」時代を創った人物です。しかし、個人的に想うことは、桂太郎は日本の中等教育での歴史教育ではあまり重要的に教えられていないのではないかなぁ、と思っています。日露戦争勝利の内閣総理大臣なのに、「桂園内閣」ばかり注目されますよね。在職日数2886日も歴代1位の総理なのに。。。
ちなみに、拓殖大学(当時は台湾協会学校)の創立者であり、初代校長でもあるのですが、こちらもあまり知られていないような・・・。現在の独協大学の校長もつとめていたんですよ。
他には、陸軍大臣など陸軍関係の要職を多くつとめ、台湾総督もつとめたのに、桂太郎よりも高評価を受けている人物の方が多いのはなぜなのでしょうか??当時の国民の評価も低かったことは確かですが、明治天皇の信任があつかったことなど、日本一級の人物であったことは間違いないと思います。再評価されることを望みたいと思います。

ちなみに、桂太郎の叔父である中谷正亮は松下村塾のスポンサーでした。
松陰神社の横に、自らの墓を建てることは彼自身の遺言であったようです。

松陰神社を後にした後は、国士館大学の前を通り過ぎ、烏山川緑道を歩き、世田谷城址公園を散策し、吉田松陰を刑死させた井伊直弼の井伊家の菩提寺である豪徳寺へ向かいます。


@だいすけ。
Lancers.jp
16:11  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.19 (Mon)

そうだ、世田谷へ行こう。

20091019181012

世田谷を歩きました。
集合は世田谷線の上町駅の改札前。
世田谷線っていいですよね。ゆっくり進んで、なんか心がいやされます☆

駅を出発後、まずは世田谷代官屋敷へ向かいます。
上町駅から徒歩5~7分ほどといったところでしょうか。方向的には桜新町の方向へ南下する形です。世田谷代官屋敷の前に、小さな地域センターと天祖神社がありました。

天祖神社というのは不思議な神社で、天照大神を祭神としていますが、全国に約18000社あるのではないかと言われるほどの広がりをもっています。ここの天祖神社は、境内に由来や創建の説明などなかっので、ちょっと詳細が分かりませんでした。
読者の方で、お詳しい方おられたら、教えていただければ幸いです。
境内の中は、小さな公園もあり、とっても可愛らしい神社です。また、立派な桜の樹があり、きっと花見の時期などは、この周辺に住んでおられる方々が集まられるのだと思います。

20091019181014

世田谷代官屋敷は彦根井伊家の世田谷領20ヶ村の代官所でした。しかし、代官の陣屋として建てられたのではなく、この地の名主であり、また代官職を務めた大場家の邸宅としての機能がメインであったようです。そのため、武家屋敷としての様相は低いと言われます。維新後も、大場家がこの屋敷を受け継いだため、当時の建築物として現代にも保存されることとなり、いまでは国の重要文化財に指定されています。

屋敷内には、代官所としての機能を示すものとして、お白州が残されています。
このお白州にはビックリです。よくテレビの時代劇などでは、白州というのは、白い砂利で縁の外のお庭というイメージですが、ここのお白州は、地面がとても尖った、また大きな石の塊がごつごつと敷き詰めてあるのです。これは痛かったでしょう。きっと、すぐ犯罪者は犯罪の事実を吐露したはずです。だって、座るだけで痛いですよ、ここのお白州は。

20091019181016

屋敷内には、世田谷区立の郷土資料館があります。
この資料館が、予想に反してとても立派な資料館なのです。
世田谷の歴史を知ることができますし、それと同時に世田谷を中心にした視点で日本の歴史を俯瞰することができます。失礼な言い方ではありますが、世田谷の教育委員会や学芸員の方がここまで立派な施設を運営されていると思っていませんでした。歴史好きには、かなり満足できる施設だと思います。大きさもちょうどいいです。ゆっくり一つずつ展示物を見ていって、1時間強というところだと思います。それに無料です。資料庫付きで。正直、世田谷にお住まいの方で、この資料館に行かれたことのない方は、ものすごくもったいないことをしていると思います。ぜひ、お急ぎを!!

そして、ぼくらは次は松陰神社へ向かいました。


@だいすけ。
Lancers.jp
19:49  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.19 (Mon)

そうだ、大里へ行こう。

20091019172825


昨日は、父方の祖父の四十九日でした。
祖父が暮らしていたのは、門司の大里という土地です。

近くには門司港があり、海峡の向こうは山口の彦島です。
この大里という地名は、源平争乱の時代、安徳天皇が行宮の御所を構えられたことに由来します。そのため、大里の付近は、「内裏」を中心とした御皇室に関係のある地名や神社、史跡などがたくさんあります。

また、明治35年(1902)、明治天皇が熊本での陸軍大演習統監のため、大里に上陸した記念として、明治天皇が馬車にお乗りになった辺りに松を植え、これを記念いたしました。
実は門司港に上陸される御予定だったそうですが、当時コレラが流行していたため上陸地を御変更されたそうです。碑は平成18(2006)年に元あった場所から現在地に移されました。

大里という場所は、とても田舎で、斜陽激しい北九州の町という感じですが、もし、北九州にお越しの際は、また史跡にご興味ある方はぜひ大里という場所をドライブなどしてみてください。海峡を目の前にして、とても景色のよい場所です。おすすめは宇多天皇の御代、約1100年前に創建された戸上神社です。とても素晴らしい神社ですので、ぜひ参拝されてみてください。


@だいすけ。
Lancers.jp
17:28  |  【 こんな処に行ってきました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.10.09 (Fri)

【映画】 2010年正月の公開が待ちきれません☆ 

やっと、やっと、やっと!
という感じでしょうか☆

待ちに待っていた台湾映画「海角七号」が、日本で公開されます。
見に行かねば!!



関係者の方は、これまでこの映画を日本で公開することに、多くの努力や苦難、障壁を乗り越えてこられてきたんだと思います。一映画ファンとして、そんな関係者の方々に、感謝の念がたえません。

タイタニックに次いで、台湾歴代映画興行成績2位になった映画です。
多くの映画ファンが待ち望んでいた公開だと思います。

早く正月が来ないか、いまから楽しみです☆
公式ホームページはこちら


そうそう、来年といえば、ハリウッドでも国民党時代の台湾を舞台とした刑事物(FBIだったっけ?)の映画が公開されるんですよねぇ。台湾って、いまきてる??まぁ、ハリウッドを代表とするアメリカの左翼(民主党系)は、台湾支持派ですからね。
Lancers.jp
16:24  |  【 こんな映画をみました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.10.06 (Tue)

横浜都筑でレンタルオフィスが欲しい人、いませんか?

ぼくの大事な友人で、仲間・同志である鈴木洋平さんが運営しているオフィスレンタルサービスがあります。

自分も起業を経験したので分かりますが、立ち上げ当初は、登記できて、仕事ができて、なおかつ安い「スペース」はどうしても必要です。自分の家では仕事に集中しにくいヒトもいるでしょうし、その他レンタルオフィスやシェアオフィスは登録料やらなんやらで結構なお金が出ていきます。会社を立ち上げた当初は、数ヶ月お仕事がないのも普通です。

そんな時にお金はかけられないもの。
だからこそ、この鈴木洋平さんのサービスはとっても大切です!!

横浜都筑ビジネス&コミュニティ

なによりも、安い!!
自分専用のスペースでも、利用料金 21,000円/月額です。
これが最大の決め手ですが、ぼくがこのサービスを押すのは、鈴木洋平という経営者が、常に「社会の利益の増進」とも向き合っているからです。

起業家は常に「社会との共存共栄」を考えていくべきです。
短期的な収奪的な利益の上げ方では、いずれ社会から抹殺されます。
企業にとっても、個人にとっても、一番重要なのは「信頼」です。
これなくしては、組織の存続はありえません。

ぼくの尊敬している経営者の言葉として、このような言葉があります。
大いに儲け、大いに金を作って、個人のためにも、社会、国家のためにも、これを大いに利用し、活用していくことが、いつに変わらぬ実業人の本業でなければならぬ
(藤原銀次郎---日本の「製紙王」と言われた王子製紙経営者)

洋平さんとは同世代でもあり、また同じ志を抱いているので、ともにいまも仕事をしています。
まったく業種は違いますが、お互いに紹介できること、協力できること、提供できること、を沢山共有しています。もちろん、洋平さんだけではなく、同じ志を誓った仲間は沢山います。

きょうは、その仲間のひとりである鈴木洋平さんの会社を紹介しました。
ぜひ、起業を考えている方(会社でも、NPOでも、なんでも!!)、このサービスを考えてみてください。

本当におすすめです☆


横浜都筑ビジネス&コミュニティ
http://www.business-community-sq.org/
Lancers.jp

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

18:18  |  【 想うお仕事のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。