FC2ブログ
2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2008.12.11 (Thu)

青の性、そして法と法律と道徳と。

「青の性裁判」という事件があります。憲法論争にまで発展した刑事事件です。昭和60年10月23日に最高裁大法廷が青少年保護条例の処罰規定にはじめて合憲の判断を下したものでした。この事件そのものは何であったかというと、福岡県に住んでいた30歳の男性が知り合いの16歳の女子高生と性的関係をもち、当初、小倉簡易裁判所が罰金5万円の有罪判決を下しましたが(二審の福岡高等裁判所)、この男性は判決を不服とし、控訴し続け、最高裁まで至ったということです。

男性は(1)本来自由である性行為を青少年保護という面から制約する場合は必要最小限度でなければならないのに処罰規定は極めてあいまいで罪刑法定主義を定めた憲法二十一条に違反する、(2)各都道府県の処罰規定・罰則はばらばらであり法の下の平等の同十四条に違反する、(3)刑法や児童福祉法などで不処罰の行為まで規制するのは法律の範囲内での条例制定を求めた同九十四条に違反する、という主張を繰り広げました。
僕は法律の専門家ではありませんが、法律の論理展開ならば筋が通っている主張なのかもしれません。

Lancers.jp
スポンサーサイト



21:25  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |