FC2ブログ
2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.02.19 (Tue)

近江八幡市民病院にみるPFI事業と政治決断

パブリックマーケット論の最終授業で話題にのぼったPFIによってつくられた近江八幡市の病院に対して興味がわいたので、この病院に関して文章をとめてみようかと考える。
契約期間が残っているのに、依頼者が受託者に対して突然一方的に契約を解除することは、常識としてはありえない。なぜなら、契約とは相互信頼の原則によって将来にわたる金銭の授受を保障するものであるからであり、相手側に余程の契約解除項目にふれる行為がないかぎり、これを解約するということはないからだ。
しかしながら、現実として市側と事業者側との契約解除の可能性が出てきた。
市政のトップである市長はなぜ「契約解除の可能性」という政治決断を示したのか。
PFIの事業性や近江八幡市の行政行為の経緯をおいながら考えていきたい。




Lancers.jp
スポンサーサイト



00:25  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |