FC2ブログ
2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.02.04 (Mon)

早稲田大学院・公共経営論という授業の感想

公共経営論の最終授業日に受講者全員に質問された「なぜ地方自治は必要なのか?」という問いは大変面白い。ふだんよく気にもせず受け入れていた『民主主義の学校』といわれる地方自治がなぜ必要なのか、という考えは国民にとって行政とは何か、ということを再考するために必要な思考ツールであるように思える。

日本国内のみの話に限定したとしても、その地方自治に関する行政単位は都道府県から市町村長まで重層的構造をなしている。また、その規模も人口ひとつとっても様々だ。これらの自治体をひとつに議論するのも中々容易ではないため、今回は都道府県というものを中心にして考えたい。スポットをあてる対象は、直接選挙によって選出される“知事”とする。そして、知事制度史の観点から『地方自治の必要性』を考えてみたい。

Lancers.jp
スポンサーサイト



22:27  |  【 想う日本のこと 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |