2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lancers.jp
--:--  |  スポンサー広告

2013.08.17 (Sat)

「今に見ていろ」と気概を持っていた日本国憲法制定時の日本人たち。

敗戦から幾十年たった今年の盆も、「敗戦」とはなんであったかを考えようと、一冊の本を手にとった。






なぜ白洲次郎なのか。
吉田茂の側近として終戦連絡事務局次長という要職にあって、GHQの占領政策、日本国憲法制定に立ち会った人物である。日本の戦後構造を創った人物と評価してもしすぎることはない。
彼がどのように戦後を創ろうとしていたのか、日本をどのようにGHQから護ろうとしていたのか、改めて確認したいと思ったのだ。


しかし、ひとまず、白洲の話を横に置く。


そもそも、日本国憲法は、占領軍であるGHQの手によって作られ、それがわずか9日間のうちに終わったことを知っている日本人も現在ではそう多くはない。

この日本国憲法案の作戦名はGHQ内部で「真珠の首飾り」と言われた。日本の民主化を担当したGHQ民政局の責任者であったホイットニーとケーディスの指揮のもと、同局内から選ばれた25名のメンバーが日本国憲法を日本人に代わって創っていく作戦であった。

しかし、そのメンバーのなかには、弁護士資格を持つ者が3名はいたが、誰一人憲法の専門家はいなかった。当時のメンバー自身も自分達が日本国憲法を創ることに戸惑いがあったようである。西修の『ドキュメント日本国憲法』では、以下のような発言をみることもできる。


ミルトン・J・エスマン陸軍中尉
「とても興奮しました。しかし、同時に私は、このようなことはとても不幸なことだと思いました。なぜなら、外国人によって起草された憲法は正当性を持たないと思ったからです。私は、民主主義を理解している日本人を何人か知っており、彼らに自国の憲法を作らせるべきだと思いました。そして、そのことを上司に述べたのですが、採用されませんでした」

O・ホージ陸軍中佐
「興奮しましたが、私には憲法を作る能力も知識もなかったので不安でした」


この日本国憲法制定の作業はGHQ内部でも極秘事項であり、ごく一部の者しか知らない作業ではあったが、後にこの日本国憲法制定に関する素人性に、GHQ内部からも批判があがっている。たとえば、このメンバーのなかで女性の人権に関する規定を担当したベアテ・シロタという23歳の女性(「憲法24条の母」と言われている)に対して、参謀第2部のウィロビー少将は、以下のように批判している。(もちろん、民政局に対する組織的対立の要素もあるだろう、この批判には)


ウィロビー少将
「民政局がいかに愚劣だったか、一例を挙げよう。民政局に、日本で生れた一人の若い米人女性職員がいた。彼女は戦前、日本警察と隣組に迫害を受けて、それらを憎んでいた。この娘に、民政局は隣組に関する報告書を書かせたのである。彼女は当然、隣組は解放すべきだと書いた。まったくバカげた報告書であった」(週刊新潮編集部『マッカーサーの日本』)


つまり、メンバーの選定になにも客観性がないと批判しているのである。

日本側もこのGHQ民政局のメンバーが作成した日本国憲法案に対して、多大な抵抗の努力をみせているが、結局のところ、GHQ民政局に押し切られている部分が大きい。それも、占領された側の悲哀というものだろう。事前にGHQが公職追放令を発し、GHQに抵抗できる大物の政治家やリーダーたちが数少なくなっていた、ことも日本側の力の弱さを示すものだった。

最終案が完成した際、憲法改正担当国務大臣であった松本丞治は、皇居に参内して、昭和天皇に開口一番、

「敗北しました」

と述べている。昭和天皇は日本国憲法案に抵抗できないことを了承しつつも、①皇室典範に関する天皇の留保権と、②堂上華族の存続は模索できないか、と要望をされていたことは現在分かっているが、GHQの占領の前に日本政府がその再交渉を行う余力は残っていなかった。

日本国憲法制定に関する日本側の調整メンバーのひとりであった白洲は、日本国憲法が生れたその日、以下のように書き残している。

「興奮絶頂ニ達シ正午頃ヨリ総司令部モヤツト鎮マリ、助カルコト甚ダシ、斯ノ如クシテ、コノ敗戦最露出ノ憲法案ハ生ル。「今に見ていろ」ト云フ気持抑ヘ切レス。ヒソカニ涙ス」(外務省文書「白洲文書」)


では、同じく大戦に敗れ、占領されたドイツではどうであったか。
アメリカが占領した西ドイツの戦後の統治に関する基本は、「ボン基本法」と呼ばれる法律であった。決してそれは、「憲法」と位置付けられなかったのである。
その第146条には「ドイツ国民が自由な決断で議決した憲法が施行される日に、その効力を失う」と定められていた。
ドイツは東西統一後も新たな憲法を制定していないものの、占領構造の性格が決定的に違っていたことに、我々は目を瞑ることができるだろうか。


日本国憲法を新しく創ることは、歴史的使命なのだと信じている。
それは「今に見ていろ」という日本人の誇りでなくてはならない。
僕はそう信じている。

Lancers.jp
スポンサーサイト
01:33  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.30 (Sat)

【この漫画が面白い!】『チェーザレ』講談社、2006年。



チェーザレ・ボルジア(イタリア語読みで言えば、“ボルジャ”でしょうが)といえば、“悪魔の書”といわれる『君主論』にて、ニコロ・マキャアベッリが理想の君主像として仰ぎ見た人物です。



実の妹を犯し、弟を毒殺し、キリスト教会権力に反旗を翻した人物のどこが“理想的”なのか、といままでは批判の的になっていました。



しかし、彼はローマ教皇庁を頂点とした各宗派指導者たちが、キリストの教えと嘯き、自らの私欲のために権力を確立していたことに対して、真の民衆解放、真の国家統治を目指し、人間が人間として神に依存しない行き方を模索したルネサンス期を切り開いた、という功績があります。



ヨーロッパにとって母なるローマを創造したユリウス・カエサルと同じ名前をもった彼は、マキャアベッリに『偉大なる唯一の創造的天才としてのカエサルの再来』に重ね合わされたといいます。



教会権力がどのように腐敗し、“国民国家”をどのようにチェーザレが構築しようとしたのか、最新の研究成果とともに、その時代性をこのマンガで見つめてください。



オススメです。
Lancers.jp
00:39  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.28 (Thu)

【この漫画が面白い!】『センゴク外伝桶狭間戦記』講談社、2008年。



桶狭間の合戦といえば、日本人の誰もが知っている織田信長今川義元との闘いですが、一般イメージとしては、才気あふれる若き武将・信長に対し、暗愚な貴族・義元という構図が描かれがちです。



しかし、さにあらん!!



今川義元という実態は、政治の天才であり、数多くの合戦を通して自らの手を血に汚しながら、権力を確立していった英雄なのです。



戦国大名朝廷からも幕府からも独立して、徴税・経済・軍事・裁判などを自己の権力のみで確立していった人物のことを指すなら、まさしく今川義元が『第一番目の戦国大名』と言えるのです。



その今川義元の実態に迫ろうとしているこの漫画は、歴史好きであれば、つい『う-ん!』と唸ってしまうほどの脚本力の高さがあると思います。



また、この漫画の斬新なトコロは、戦国時代というものを経済学視点から俯瞰している点にあります。戦争は飢饉対策のために起こるのであり、物流への支配力が国力の基礎である、などといった視点で物語の背景が説明されている点は大変面白いと思います!



おすすめです。
Lancers.jp
03:30  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.13 (Sun)

「迷いを心に持ちながらも、常に学んでいく姿勢を子どもたちに伝えられる教導師こそ、よい教導師なのだと、わたしは思うわ」 こうして、新米教導師としての日々は飛ぶように過ぎていった。

現在、日本でファンタジー物を書かせたら、小野不由美を除けば、この女性の右に出るものはいないだろう、とほとんどの人が認めるだろう上橋菜穂子先生(川村学園女子大学教授)の『獣の奏者 Ⅰ闘蛇編』『獣の奏者 Ⅱ王獣編』を続けて読みました。上橋さんの作品を、『精霊の守り人』シリーズで知っている方もいると思います。『精霊の守り人』は、野間児童文芸新人賞と産経児童出版文化賞をダブル受賞しましたが、今年にはアメリカにてバチェルダー賞(英語以外で書かれた児童文学のうち、アメリカで翻訳出版された中から最も優れた作品を選ぶ賞。・・・ちなみに、2008年の受賞作品は宮部みゆきさんの『ブレイブ・ストーリー』 )を受賞しているなど、世界的にも注目を集めている小説家でもあります。



【あらすじ】(wikipediaより)
I 闘蛇編
獣ノ医術師である母とともに、闘蛇衆たちの村で暮らす少女・エリン。彼女の母はその優れた医術の腕を買われ闘蛇のなかでも特に強い〈牙〉たちの世話を任せられていた。ある日、なぜかすべての〈牙〉が突然死んでしまい、母はその責任を問われ処刑されることとなった。エリンは母を助けようと必死に奔走するも失敗、母と引き離され天涯孤独の身の上となってしまう。その後、蜂飼いのジョウンに助け出されたエリンは彼と共に暮らすうち、山奥で天空を翔る野生の王獣と出会う。その姿に魅せられたエリンは母と同じく獣の医術師になることを決意し、ジョウンの昔なじみでもあるエサルが教導師長を務めるカザルム王獣保護場の学舎へと入舎する。

II 王獣編
王獣保護場で傷ついた王獣の仔・リランに出会ったエリンは、リランを救いたい一心で献身的に治療にあたり、その成り行きで王獣を操る術・〈操者ノ技〉を見つけてしまう。四年の月日が流れたある日、エリンは霧の民から『「決して人に馴れない獣、決して人に馴らしてはいけない獣」である王獣を操ることは、大いなる災いを招く』と警告を受ける。警告を甘く考えていたエリンだが、やがてその理由を身をもって知ることとなる。王国の命運を賭けた争いに巻き込まれていく中、エリンは真王の護衛士の一人・イアルと心を通わせていく。




読んでいてやはりこの小説家の凄さを知るのは、ファンタジーであり、すべての世界観が空想物であるのに、まるで現実に、そしてすぐそこにあるように思えてしまう、五感で感じてしまう文章表現を自然に展開しているのを読んだときです。小説ですから、読者に読んでいる箇所をイメージさせることができなければ小説家としての技量が問われるところですが、ファンタジー物はなおさらその技量をより鋭く問われることになります。なにせ、ファンタジーの世界に登場するものは、すべて空想なのですから。

また、上橋作品の魅力というのは、数々の動物の生態を躍動感とともに描ききっていることと、彼女の専門研究である民俗学の知識がそのまま作品の背景として重厚さを増しているということだと思います。「精霊の守り人」もそうでしたが、とにかくこの「獣の奏者」は、獣医師の物語ですから、獣たち、または虫などの小動物も含めて、動物たちの生態の描き方にリアルさがなければなりません。完成されたリアルさがあるからこそ、読者は感動し、上橋世界に魅了されていくのだと思います。描いている内容は、まさしく汚く醜い、大人の政治の世界です。しかし、この作品は小さな子どもにもぜひ読んでほしいと思います。「命の重さ・怖さ・儚さ」、これらを見事に書き込んでいるこのファンタジー作品は、年齢に関係せずに読むことが可能ですし、それ以上に子どもたちに読んでほしい情操教育上の価値があると思うからです。

さすがは、当代きっての作家といえると思います。
まだ上橋作品にふれたことのない方は、『精霊の守り人』シリーズもあわせて、お読みになることをおすすめいたします。




最後に否定的評価をするのもなんですが、彼女の『精霊の守り人』シリーズはとてもぼく自身は感情移入できる、共感できる作品群でした。主人公たちの人間くささが、リアルなものだと感じることができたからです。しかし、この『獣の奏者』はどうしても主人公たちの人生観に共感がぼくはできないのです。主人公エリンは、暴走した『風の谷のナウシカ』じゃないか、と思ったほどです。

主人公の親族が作品でこういう発言をしています。
「この娘は、だめです。自分の感情を最善のものと信じている。なにを言っても、聞かないでしょう」

まさしく、その通り。自らの判断こそがすべての社会関係のなかで最優先されるという戦後民主主義の悪しき自律主義を具現化した何物でもない気がするのです、作品全体を通して。どんな理由があるにせよ(その理由が作品のなかでいちばん大切なのですがwww)。『精霊の守り人』の主人公たちの姿勢が「個人主義」であるならば、この作品の主人公たちは「孤人主義」だと言えます。どちらも悲しみを抱いて人生を歩む主人公たちではあるのですが、『獣の奏者』の主人公たちの姿勢は「恨み」と「隔絶」が根底にあるからなんだと思います。だからこそ、どうしても共感できませんでした。ぼくは『精霊の守り人』シリーズなどが大好きな故に、この作品は早く読み終わりたいという気持ちでいっぱいでした。読まなければならないと思うほどの文章の運びがあり、傑作と評してよいと考えるだけに、作品世界に共感できないことが残念でなりません。

ちなみに、NHKでアニメとしても放映れました。

Lancers.jp
03:20  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.11.23 (Mon)

「乱世はまだ続くぞ。そして、俺たちは、誰と較べても若いのだ」 孫策は大声を出して従者を呼び、新しい酒を命じた。

繁栄を極めたかつての都は、焦土と化した。長安に遷都した董卓の暴虐は一層激しさを増していく。主の横暴をよそに、病に伏せる妻に痛心する呂布。その機に乗じ、政事への野望を目論む王允は、董卓の信頼厚い呂布と妻に姦計をめぐらす。一方、百万の青州黄巾軍に僅か三万の兵で挑む曹操。父・孫堅の遺志を胸に秘め、覇業を目指す孫策。そして、関羽、張飛とともに予州で機を伺う劉備。秋の風が波瀾を起こす、北方“三国志”第二巻。



北方三国志の2巻目を読了しました。
北方世界は、熱い、熱すぎます!!
まさに「漢」の世界。ウザいくらいに、アツいです(笑)。

文章のひとつひとつがそんな青春世界ですが、今回の内容で、気になった下りは以下のところです。

---------------------------------------------
陶謙の首を取れる。
父に対して曹操ができるのは、それだけだった。
複雑な父子だった、と言っていいだろう。宦官の養子になった男。少年のころから、曹操は父をそう見ていた。そのために、自分は宦官の家系を継ぐ者として生まれた。
袁紹のような名門に生まれていたら。よくそう思ったものだ。
しかし、ある時まで、父は曹操に厳しかった。男の心のありようも、父に教えられた。宦官の家系ということを、父は曹操よりも気にしていたのではないか。兵を挙げてからは、父は惜しげもなく家産を傾けて、曹操に援助を送ってきた。宦官であった祖父の代に蓄えられ、養子であった父の代に厖大なものになった家産も、いまではほとんど残ってはいないだろう。家具まで切り売りしながら送ってくる銭は、最後には悲しいほどに少額なものになっていた。
父の援助を、曹操は当然のものとして受け取ってきた。自分は曹家を名誉ある一門にする存在なのだ、と心の底で思っていたからだ。だから、父に礼を言うこともなかった。
父を失ったという喪失感の大きさは、そういう理由から来るのだろうか。怒りの激しさは自分でも戸惑うほどで、それはいまになっても消えない。
そんなことを考えながら、夜明けを迎えた。
---------------------------------------------

曹操の父が徐州牧である陶謙の部下に殺され、父の仇をとるために、陶謙討伐に出る前の曹操の心の様を描いたシーンです。曹操は実際に徐州に入り、歴史の汚名となる大虐殺を行うのですが、この時の虐殺の理由をそれこそ多くの古今東西の作家が描いています。北方三国志での解釈はこのようなものでした。

悪名をものともしない曹操の豪胆さは常に天下への志にあったのですから、この虐殺もまた天下人への路を築き上げていくものになっていくのですが、それよりも親子の情というもの、彼がなす天下への志の意味を父に理解して欲しかったという甘えの精神構造が曹操にも存在していた、というところに、読者が共感できる覇者の姿があると思うのです。

その後の歴史をみても、曹操は決して家族運に恵まれた英雄ではありません。むしろ、悲運が続くといっていいほどです。もちろん、他の英雄もそうですので、この時代の特性だともいえますが。
Lancers.jp
02:48  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.11.21 (Sat)

「これほどまでして、ローマ帝国は生き延びねばならなかったのであろうか」。それは中世のはじまりの姿だった―。

塩野七生の「ローマ人の物語(37) 最後の努力(下)」を読み終わりました。
やはり、女流作家の醍醐味というのは、男性の小説家では描くことがなかなか難しい心理描写がとてもうまい、ということだと思います。

「ローマ人の物語」もとうとう佳境に達してきました。
強大化した、広大化した、ローマ帝国統治の再編成のために「四頭政」が考えられたわけですが、それが帝国内の権力闘争を激化させ、また帝国にとって最も重要な防衛体制が崩壊・変質しはじめるきっかけになります。

「四頭政」の再編成は、ローマ帝国本来のたったひとりの集中的な権力者の体制にもどるわけですが、それは独裁君主制へと変質させ、「ローマがローマでなくなる」はじまりとなっていきます。そして、同時に起こるキリスト教の台頭。キリスト教の台頭が、ローマ社会の社会秩序概念を変えていく。すべてが変化のはじまりでした。まるで、ローマ帝国は断末魔を叫ぶように、社会改革を行っていく。歴史学者はその有様を「これほどまでして、ローマ帝国は生き延びねばならなかったのであろうか」と表現しました。ローマが滅びていくのです---。

ローマを学ぶことは、現代社会の混迷をどのように解決していくのかを考えることと同じなのです。
ローマとは「世界」であったのですから。



気になったセリフは、以下のふたつ。

◆防衛をどう考えるかは、住民共同体としての国家をどう考えるかと、結局は同じことになる。なぜなら防衛とは、個人の努力では限界があるのを国家が代わって責任をもつ事柄の第一であるからだ。ローマ人は帝政時代でさえも、共同体を意味する「レス・プブリカ」(res publica)という概念を好んだ。帝国全体が一つの大きな家であり、そこに住む人々は皆、ローマ帝国という大きな「ファミリア」(familia)の一員なのであると。私はそれに運命共同体の文字をあてたが、ローマ人の言語であるラテン語にはそれはない。彼らはただ単に、「ファミリア」と呼んでいたのだった(41pより)。

◆指導者ないし支配者とは、指導する人々や支配下にある人々の欲求、ないしは需要、を汲み上げてそれを現実化するのが任務であると思いこんでいる人は多い。だがそれは、民主主義を、深くも考えずに鵜呑みにしているからであって、それよえにこの種の「任務」は、凡百の政治家のモットーになっているのである。もちろんこれも、彼らの任務ではある。だが、任務の一部ではあってもすべてではない。需要には、すでに存在する需要もあるが、喚起してこそ生まれてくる需要もあるからである(117pより)。

Lancers.jp
05:35  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.09.04 (Fri)

日本に足りないもの。

『ローマ人は敗者を、足蹴にするようなまねは絶対にしない。それは、敗者の心情への配慮というよりも、ローマ人自らの自尊心に反する行為になるからである』


先日発売された、塩野七生著『ローマ人の物語35 最後の努力[上]』をいま読んでいます。71ページに出てくる言葉です。

言葉の主は、3世紀、ローマ帝国皇帝の座にあったディオクレティアヌスが、帝国の防衛網を再建するために、帝国東方防衛担当の“副帝”に任命したガレリウス。

297年に北部メソポタミアでペルシア軍に勝利し、ペルシアの捕虜の扱いに関して、ペルシアの特使との交渉の場で出た発言でした。

ペルシアの特使は、交渉の場で、どちらが勝者か分からないような不遜な態度をとり、彼を怒らせるのですが、最後に彼は特使に対して、こう↑も言ったのです。

まさに、ローマがローマたりえた、“ローマ精神”を象徴する言葉です。

ローマは、支配地や支配民族を“同化”させることによって、“帝国”を構成し、“世界国家”を樹立していきました。古今東西、軍事力や経済力によって、世界の覇権国家になった国はたくさんありますが、そのいずれも長期に国を維持できなかった理由はここにある気がいたします。

世界史上、単一の統治文化をもって1000年以上、地域の圧力国家として力を維持できたのは、ローマ・ベネツィア・日本の三ヶ国しかありません(たぶん…)。日本が、世界国家の地位をしめるために必要なのは、やはり“気風”だと思いました。


@だいすけ。
『携帯にて。いま、東京に帰京中です』
Lancers.jp
17:21  |  【 こんな本を読みました 】  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。